アタマジラミ薬がコロナウイルス治療の可能性として浮上することが研究で示されています。

アタマジラミの治療に使用されることもあるイベルメクチンと呼ばれる駆虫薬が現在のコロナウイルスに効果があるとアメリカで発表されました。
COVID-19の治療における薬剤の有効性に関する研究はまだ初期段階にあり、それを画期的と呼ぶにはあまりにも早すぎます。
しかし、有望な結果を生み出す2つの予備的研究の出現により、専門家は慎重な楽観論を表明しています。

当店はこの薬剤を取り扱っておりませんが、アタマジラミを駆除するという共通点を持つ薬がこの騒動の解決に繋がることを切に願っております。

https://www.yahoo.com/gma/head-lice-drug-emerges-potential-coronavirus-treatment-studies-080301583–abc-news-topstories.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA