Taiken

我が家の体験談
 
 

我が家のアタマジラミ体験

私が初めて我が子の頭にシラミを見たとき、何とも言い難い寒気とママとしての自分を否定するような気分になりました。

「髪を十分に洗っていなかったから?」
「不潔な子と遊んだりしたのかしら?」

今じゃ胸を張って違う!!といえることも、当時いろいろ憶測してみたり、絶対に仲の良いママには知られないようにと必死でした。

・・・違うんです! 現在のシラミの事情は昔と全然違います!
風邪をもらってくるように、やってくるときは気をつけていてもやってくるのです。
 


 

「それじゃ、スミスリンを処方しますね。 当面は家族全員で駆除してくださいね。」

一番最初、受診した皮膚科の先生にそう言われました。
健康を害する病気じゃないから病院に行く必要なんてないんです。
メンタルにはかなりきますけど・・・ ^^;
行ってもほとんどがスミスリンを処方されるだけです。
そのお値段、当時1本2,200円。 (現在は2,700円前後)シャンプー80ml入り。
これを10~20ccづつ二日置きに四回しなくてはいけません。つまり一本でほぼ一人分。
・・・つまり5人家族だと・・・

子供が多い我が家は全員で行おうにもあまりに負担が大きく
シラミをもらうとこんなにお金がかかるんだ・・・」とますます情けない気分になりました。

「スミスリン」

ちなみに日本で唯一許されているアタマジラミ駆除のお薬です。
年間 何十万本も売れています。
成分はピレスロイド系と言って害虫(ゴキブリやノミ、蚊など)を駆除するものと同じ成分のお薬をわが子の頭にふりかけている現状。

本当に国はどうにかしてくれないかしら!
なんてぶつぶついいながら、・・・でも、やっぱりしかたない、この方法しか手段はないんだと苦しい家計にムチ打ってスミスリンを買い続けました。
もちろん保育園や学校にもうつしあいになるのが怖くて対処をお願いしたこともありました。

子どもにも「しらみがいるって絶対に言っちゃだめよ!」 と、きつく言い聞かせて・・・

大体、一年に一度、どこからかもらってきてはスミスリンで対応する・・・ こういうことが数年続いたのですが、驚くべき事態が待ち受けていました。

「スミスリンが効かない!!」

こういうことってあるのでしょうか?
通常のように使用しても元気ぴんぴん!
スミスリンで死なない???
用法よりも倍量近く、倍の時間をかけてしても同じ。
元気に足をばたつかせた頭しらみが梳き櫛にひっかかってきたときは信じられない気分でした。

どうやら、海外からスミスリン耐性の頭じらみが持ち込まれた可能性を指摘されたり、長年使用したことにより耐性の出来たしらみが発生したりしているようです。
唯一、国が許している薬剤に耐性を持つ頭じらみが出現したのです。
正直、最初はどうしたらいいか心底悩みました。
でもネットをたどっていくと実はこの現象が全国的に起きていることを知りました。

そこで出会ったのが、このロビコームとライスガードコーム。

もうスミスリンから卒業しよう!

そう思った矢先のわらをもすがる商品でした。 

 
初めてアタマジラミにかかってから、この商品にたどり着くまで本当に精神的にきつい思いをしました。でも駆除し終わった今となっては、髪を梳いてあげるひとときが親子のスキンシップになってかえって良かったかなと思えたりします。


ロビコームは乾いた髪を最初にといて頭皮に45度になるように滑らせると「 あら不思議!!!」 ブザーが反応して、頭じらみをキャッチ・殺虫してくれます。(乾いた髪専用)
ライスガードコームは成虫はもちろん、生まれたての幼虫や卵をしっかりキャッチしてからめとります。(乾いていても濡れていてもいいが、湿った髪に最も有効)
 

ダブルで使うと完全駆除することが出来ます。 



最初はどちらもコツがいりますが(ポイントは最初にしっかりと普通の櫛で髪をといておくことです)説明書(日本語)をしっかり読んで何度かやっているうちに慣れてきますよ!
おもしろいように取れて精神的にもすっきりします。
しらみつぶしねっと ロビコームとライスガードコーム
しらみつぶし完璧セット
恐怖のシラミ体験
 
商品一覧はこちら
 
シラミ商品購入は各種決済使用できます